デジタルカメラ

PENTAX撤退か?

投稿日:2015年11月25日 更新日:

次の本命と考えられているK-S2だが、雲行きが怪しくなってきた。そもそも写真自体にまったく興味がないんだが、でかい一眼レフなどますます必要のないものになってきた。K-30もこの半年間まったく使われなかったし、それが何よりの証拠だろう。一方でE-PL5は大活躍である。今やメインカメラはE-PL5に移りつつある。

スポンサーリンク

そうなるとPENTAXの立場は微妙だ。K-S2も徐々に値下がりはしつつあるが、まだボディー単体で57,000円台を付けており、PENTAXのエントリー機にはあるまじき強気の価格設定(笑)。K-30やK-50の価格動向から考えると、最終的には4万円台半ばまで落ちるはずで、少なくとも5万を切るまでは手を出せない。買い頃は発売から一年を迎える来春と予想している。

一応、K-S2は比較的小型でバリアングルモニターがあり、ファインダー倍率が大きく2ダイヤル式、ボディー内手ぶれ補正、WiFi内蔵と、一眼レフとしては理想の機種なんだ。それが手頃な価格で手に入るところにPENTAXの魅力を感じている。しかしミラーレスの世界ではそんなのはすでにOLYMPUSやPanasonicが実現しており、わざわざ一眼レフにこだわる必要もない気がする。今後もう一眼レフなんか使うことはないだろうから、いっそのことPENTAXを一式売り払ってマイクロフォーサーズに全面移行という構想も考えられる。

PENTAXを使ってて何が不快かといえば、AFが信用ならないことなんだ。時々どこにもピントが合ってない写真が撮れてしまう。それがイヤで結局MFで撮っている(笑)。何でこんなことをしなければならないんだ? E-PL5なら何の苦労もなく一発で合うんだよ・・

それと一眼レフ全般に言えることだが、露出は撮ってみるまでわからない。もちろんフィルム時代は経験と勘で露出補正していたものだが、何でデジタルになっても同じことをやらなければならないんだ? ミラーレスならモニターであらかじめ確認できるから失敗のしようがない。一応PENTAXにはデジタルプレビューという機能があるんだけど、それでも結局二度手間になっちゃうわけでしょ? 一度ミラーレスに慣れたらかったるくてやってられないんだよな・・。あ、一眼レフでもライブビューで撮ればいいのか(笑)。でもそれじゃ一眼レフの意味ないやんけ!(爆)

一眼レフでないと撮れないような動体なんて撮る予定もないし、どう考えても一眼レフは必要ないんだよな・・。それじゃマイクロフォーサーズに移行する線で価格.comをチェックしてみる。次の本命と考えているのは型落ちで安くなったE-M10である。EZレンズキットが一時は47,000円台まで下がったが、現在53,000円台まで上がっている。これは買い時を逃したか? もう在庫が減っており下がることはなさそうな気がする。そうなるとmkIIが気になる。mkIIは手ぶれ補正が強力になって電源スイッチの位置が上面に移り、デザイン的にもかなり完成度が高まっている。初物には手を出すな、の見本だろう。しかしmkIIはボディー単体で現在75,000円する。当然ボッタクリ価格だから買えるわけがない。

もし金に糸目を付けなければ、今一番欲しいカメラはE-M5 mkIIかもしれない。バリアングルモニターは付いているし、手ぶれ補正は超強力だし、これ以上望むものがないほど理想的なカメラなんだ。それがボディー単体で85,000円ほど。E-M10 mkIIとの価格差はわずか1万円しかなく、それなら迷わずE-M5 mkIIを買った方が得だろう。結局、今のボッタクリ価格ではE-M10 mkIIは中途半端な存在であり、値下がりを待つかということになってしまう。

次に何気なくPanasonicをチェックしたら、GX7がずいぶん安くなってるんだねえ・・。今ちょっと上がってるけど、一時は3万円台まで下がったんだ・・。出た頃は高嶺の花でとても手が届かなかったGX7が4万円だよ! これはいくらカメラに興味がなくてもちょっと物欲が動いたね(笑)。GX7といえばEVF内蔵だし、Panasonicには珍しいボディー内手ぶれ補正なんで、これも欠点の少ない理想的なカメラなんだ。でもね、よく考えると発売からもう2年以上経つんだよね・・。デジカメの世界で2年前といえば2世代くらい前だよ。当時のパナセンサーはまだ性能が悪く、ダイナミックレンジではソニーセンサーに劣ると言われていた。センサー性能ではE-PL5に勝てないんだな・・。それに箱型のボディーとはいえ結構でかいし、微妙なんだよな・・。結局いまいち興味を持てなくなった。

他にG7やG6もあるけど、ミラーレスにしてはでかいし、中途半端なんだよな。あれじゃ一眼レフとあんまり変わらんだろ? G7のデザインはかっこいいと思うけど、今はボッタクリ価格だし、4K動画なんて無駄なものはいらない。それよりはG6の方が魅力的だけど、もう値上がりしてしまっており、完全に買い時を逃した感がある。手ぶれ補正を内蔵してないのも気に入らないしね、結局Panasonicも欲しいカメラはなし・・

そうするとE-PL5で十分じゃない?と思ってしまう。何だかんだ言ってもE-PL5はミラーレスの中では一番小さい方だし、便利すぎるんだよなぁ・・。ミラーレスって小さいことに意義があるんだから、一眼レフみたいに屋根が出っ張ってたら意味がないだろう? どうせ写りは同じなんだから・・。仮にE-M5 mkIIを85,000円で買うなら、安くなったK-3を買った方が得な気がする。根がケチなもんだから、ボッタクリ価格は生理的に受け付けないんだ。こうやって、またPENTAXに戻るんだな・・。結局、PENTAXが好きなのは安いからなんだよ。(爆)

現時点で欲しいカメラなんて何もなく、現状維持という結論に落ち着いてしまうんだ。ずいぶん大人になったもんだ・・(爆)

関連記事

スポンサーリンク

-デジタルカメラ
-

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.