廃校/廃村

野迫川村立檜股小学校

投稿日:

20160512_140946
2016年5月 K-30 / SIGMA 17-50mmF2.8EX DC

野迫川村は奈良県の南西部、和歌山県に隣接し、人口わずか500人という超過疎の村である。奈良県にありながら和歌山県側からのアクセスの方が近いという特殊な地理条件にあり、奈良県民でも存在すら知らない人は多い(笑)。今回訪れた檜股地区は野迫川村でも最も奥に位置し、奈良県側からのアクセスが極めて悪い場所にある。その一方で和歌山県側からのアクセスは比較的容易である。

この檜股地区は標高800m近い高所にあって、わずか数戸ほどの集落の中に1984年に休校となった檜股小学校がポツンと建っている。一応、まだ廃校にはなってないらしい。どう見ても分校レベルのかわいらしい木造校舎である。

スポンサーリンク

20160512_135625
いろいろなブログで話題になるこの謎解きのような文字、どう考えても「ちからのかぎり」しかあり得ないだろう。

20160512_135333
こちらが正面玄関。鍵はかかっていなかった。

20160512_140855
錆び付いた鉄棒も味がある。

20160512_135940
玄関に入ってすぐ、児童の残した作品が飾られていた。

20160512_140407
玄関の左側には小さな教室があった。

20160512_135803
表札も取り外されて残っている。

20160512_135822

20160512_140005
玄関の右側は広めの教室だった。ピアノが置いてあるので、音楽室、理科室、講堂、その他すべてを兼ねていたのだろう。今は資材置き場として使われているようだ。

20160512_140043
このピアノもちゃんと弾ける。

20160512_140244
奥へ行くとパッチワークのような作品が飾られていた。

20160512_140635
校舎の裏に回るとトイレがある。その壁に掛けられていた作品。

20160512_140706
お約束のトイレ(笑)。

関連記事

スポンサーリンク

-廃校/廃村
-, ,

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.