デジタルカメラ

脱PENTAXか?

投稿日:

昨日書いたK-30の絞り制御不調だけど、コメントしていただいた方の情報をもとにGoogleで「K-30 絞り制御」で検索してみると出るわ出るわ、まったく同じ症状なので笑ってしまった(笑)。これって典型的なK-30の「持病」だったのね・・。しかもK-30だけでなく、K-50はもちろん、K-S1/K-S2にも出ているらしい。つまり後継機も同じユニットを使い回していると考えられるのだ。

ネット情報を総合すると、2年前後で発生することが多いらしい。自分のも2年半少々だったから当たっている。K-S1/K-S2もボチボチ出始めているようだから、あと1年経てば大量に出てくる可能性がある。これじゃまるで「時限爆弾」だ。

気がかりなのはK-70も同じユニットを使っているのか?ということだ。今のところ不具合は報告されていないようだが、それはまだ新しいからで、やはり2年経てば発症する可能性は当然ある。

ちなみにサービスセンターで修理すると17,000円程度かかるらしい。修理料金としてはリーズナブルだと思うが、K-30は電磁絞りに対応しないとアナウンスされているので今さら修理する気はない。しかも2年経てばまた発症する可能性がある。当然、買い換えが前提だ。

こんなのは明らかにユニットの不具合であることがわかっているのだから、本来ならユニットを改良し、リコールしてしかるべき問題である。それを改良もせず後継機に使い回すとはいかなる不徳か? もしかするとわざと壊れるようにしておいて修理代で稼ぐつもりなのか?と疑ってしまう。

今回の問題でリコーの企業姿勢に大いに不信感を抱いたことは間違いない。こういうことをするメーカーだから、K-70に買い換えたら安心だという保証はどこにもない。また同じ症状が出たらさすがにブチ切れるだろう。

これはもうPENTAXを捨てるのが最も賢い選択である。K-70の線はなくなったな・・。次はD5300(D5500)かE-M10 mkIIかで迷うことになるだろう。

ただ壊れちゃうと売却できないのが痛い。まあ手動絞りのオールドレンズ専用なら使えるので、ヤフオクで売り飛ばすか?(笑)

関連記事

スポンサーリンク

-デジタルカメラ
-

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.