廃校/廃村

尾鷲市立須賀利中学校(後編)

投稿日:


2017年5月 K-S2 / smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED WR

前編に続いて今度は校舎の2階部分に上がる。2階には向かって右側に理科室、左側には図書室と講堂がある。

スポンサーリンク


ここは理科室の手前にある理科準備室。様々な器具や資料が保管されている。床が散らかっているため、これ以上進めなかった。


懐かしの分子模型があった。


物色されたように床に積まれている岩石標本。


ズラリと並ぶ電流計。


これは何の装置だろう? 放電管かな?


理科室の中は片付けられていてあまり物は残っていない。


2階の廊下。手前側が図書室で一番奥が講堂になっている。


滝平二郎の作品を模した切り絵があちこちに飾られている。生徒の作品だろうか? 非常に良く出来ていると思う。


これは地元の祭をモチーフにしたものだろう。


図書室の中も空っぽで何も残っていない。


盾には「東海三県学校図書館奨励賞 総合優秀賞」と刻まれている。


続いて講堂の内部。やはり何もない。


暗幕の一部が残っていた。必ずあるはずのピアノも持ち出されたようだ。

久しぶりの廃校探索で楽しい気分を味わった。廃校になって20年が経つが、比較的良い状態を保っていた。窓ガラスなどが全然割られてないのは不思議なくらい。鉄筋校舎だから外観的には面白くないが、中は残留物も多くてなかなか楽しめる。一番の見どころはやはり2階の理科準備室だろう。

関連記事

スポンサーリンク

-廃校/廃村
-, ,

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.