ハクバ GW-ADVANCE カメラホルスターライト02 Sのレビュー

投稿日:

撮影機材

相変わらずカメラには1ミリも興味がなく機材には一切金を使ってないが、ちょっとだけ撮影グッズを買ってみたので紹介しよう。

今年になってトレッキングを再開しようと思ってるのだが、カメラの携帯方法にいつも悩まされていた。今までは普通にネックストラップを首から提げて歩いていたのだが、それだとブラブラ揺れてしまうのが非常に困る。そのため片手でカメラを支えて揺れないようにしていた。

しかし当然ながら片手が塞がってしまい、ストックを持っていると両手が塞がってしまう。時として岩場などで手を使わざるをえない場面もあり、そういう時カメラが非常に邪魔になるのだ。下手をすると岩にぶつけてしまいかねない。かといってリュックの中にしまい込むと取り出すのが億劫になり、すぐに写真を撮れなくなる。

この問題を解決する手段として、写真用品メーカーからいくつかの商品が市販されている。昔はハクバから発売されているチェストハーネスというものを使ったことがあった。胸の前でネックストラップを押さえる単純なベルトなのだが、それを使ってもやはり前後に揺れてしまうのであまり使い心地は良くなかった。次に同じハクバの速写ストラップというものも購入してみた。これはもともと自転車で使うためだったが、ストラップをたすき掛けにして普段は短くしておき、撮影時だけワンタッチで伸ばして体の前に持ってくるというものだ。つまり伸縮自在なストラップ。ただこれも自転車でカメラを背負っているとどうしてもズレてくるのでやはり使い心地は良くなかった。

トレッキングで使用する場合、必ずリュックを背負っているから速写ストラップのようにたすき掛けするタイプは使えない。体の前で支えることが必須になる。そこで探してみたら、最近はリュックの肩ベルトにホルダーを取り付け、カメラ側の三脚穴にも専用のアタッチメントを取り付けてワンタッチで固定するような商品も発売されているようだ。ただこれだとリュックを下ろす際にカメラが邪魔になることと、うっかりするとカメラを落下させてしまう恐れがあるため、あまり使いたくないと思った。

そこでこれは良さそうだと思ったのがハクバから発売されているカメラホルスターライト02 Sという商品である。これは一眼レフのレンズ部をベルトで固定し、体の前あるいは腰の横で支えるというものだ。これならリュックを下ろすときもカメラを外す必要がないからトレッキング目的には最適ではないか?

中華でもうちょっと安い類似の商品も出ているが、あまり評判が良くなさそうなのでケチらずにハクバ製にしておいた。やはり構造の割にちょっと値段が高い気はするが。


パッケージはこのようになっている。


商品は単純な作りで腰当てパッドの上にレンズを保持するベルトが付いているだけ。このベルトは手前のツマミを引くことで伸縮でき、直径75~120mmのレンズに対応している。しつこいようだが、これが3千円するのはちょっと信じがたい(笑)。


裏面はメッシュ地になっていて体への負担を和らげるとともに通気性も確保している。パッドの面積が比較的大きいため、重いカメラを保持しても体に食い込むようなことはなさそうだ。


実際使ってみるとこのような感じになる。体の前と腰の横どちらでも使えるが、トレッキングの場合はリュックを背負っているから当然前側で使用する。カメラはE-M10 MarkIIでレンズはM.ZD12-50mmである。

対応するレンズの最小径は75mmなので、固定ベルトを目いっぱい小さくしても予想通りこのレンズでは細すぎて固定できなかった。ガバガバである。ただこれはこれでいちいち固定する必要がないので便利ではある。レンズを輪の中にただ差し込むだけ。撮影時は何も操作せずサッと取り出せる。これで歩いてみても全く揺れることはなかった。カメラの重量もある程度支えてくれるから首への負担も軽減されて具合が良い。ただ深く屈み込むとやはりすっぽ抜けてしまうので、岩登りするときなどは注意が必要だ。

もちろんK-70にDA18-135mmのような普通のズームレンズ付き一眼レフだとしっかり固定できて問題ない。ただトレッキングに重量級の一眼レフは持ちたくないので、やはりE-M10 MarkIIで行くことになるだろう。

なお自転車で使いたいという人もいるだろうが、あまりおすすめはしない。自転車なら腰の横で使うのがベターだと思うが、ロードバイクなどは前傾姿勢が極端に深いので、ずり落ちてくる可能性が高い。腹の前では体に負担がかかって鬱陶しいだろう。背中側に回せば使えないこともないが、それでは使い勝手が非常に悪い。やはりロードバイクで一眼レフを携帯するのは非常にハードルが高い。

関連記事

-撮影機材

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.