デジタルカメラ

フォーサーズ終了宣言キター!

投稿日:

かねてより噂のあった通り、本日オリンパスから正式に時期フラッグシップ機となるOM-D E-M1が発表された。その内容はすでに明らかになっているから今さら騒ぐほどのことではないが、注目されたのはフォーサーズの行方である。オリンパスからは公式なコメントはないようだが、デジカメWatchのサイトに興味深い記述があった。

~以下引用~
オリンパスはE-M1の発売で、同社がこれまで有してきたフォーサーズとマイクロフォーサーズのシステムを統合する。今後、レンズ交換式デジタルカメラの新規開発はマイクロフォーサーズ対応製品に絞る。フォーサーズの新製品について、「ボディ、レンズとも計画はない」(同社)としている。なおE-5や現行のZUIKO DIGITALレンズ(フォーサーズ対応レンズ)の販売は当面継続する。
~引用終了~

スポンサーリンク

これは事実上のフォーサーズ終了宣言である。つまりE-M1で像面位相差センサーを取り入れてフォーサーズレンズでも高速なAFが実現できたことから、従来のフォーサーズはアダプター経由で完全にマイクロフォーサーズに取り込まれるということだ。今後フォーサーズのボディーもレンズも出す予定はないとはっきり言い切っている。

この日をどれほど待ち望んだことか! これまでオリンパスは2009年のE-P1発表以降、フォーサーズとマイクロフォーサーズは車の両輪として並行して開発を進めていくと一貫して約束してきた。さすがにここへ来てまだその言葉を信じているユーザーがそれほどいるとは思えないが、それでもなおE-7の登場を夢見て待っているユーザーが少なからずいたのも事実。オリンパスの曖昧な態度により、フォーサーズが終わるのか終わらないのかユーザーはずっとやきもきさせられてきたのだ。やめるならやめるではっきり言ってくれれば手持ちのシステムを全部売り払って他社に乗り換えるという選択もできたはず。それをオリンパスが先延ばしにしているために売るに売れず、その間に価値が目減りしてユーザーは損失を被ってきたのである。

そして4年間我慢に我慢を重ねた挙げ句がこの仕打ちである。ユーザーへの最大級の裏切り行為。この罪は重い。なぜもっと早く終了宣言しなかったのか? 変に期待をつなげておいて「やっぱりやめます」は最悪の行為である。オリンパスはこれまでPEN-F、OM、そしてフォーサーズと3つのマウントを作っては放り出してきた。だからマイクロフォーサーズが未来永劫に安泰かというと絶対にそんなことはない。いずれフルサイズが当たり前の時代になったら、さっさと放り出してフルサイズ版のマウントを立ち上げるだろう。いくら小さいセンサーで頑張ったって、フルサイズに勝てるはずがないのだから・・。もはやマウントを捨てることに対して罪悪感がなくなっているこんなメーカーを信用しちゃいけない。マイクロフォーサーズにも深入りは厳禁だ。都合が悪くなれば必ず裏切られる。

これでフォーサーズへの未練が吹っ切れたので、心置きなくオリンパスと決別できる。ありがとうオリンパス!

関連記事

スポンサーリンク

-デジタルカメラ

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.