風景写真

PENTAX K-30で撮る紅葉(その3)

投稿日:2013年12月13日 更新日:

20131130_131404
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 18-55mmF3.5-5.6AL

紅葉(というか黄葉だが)シリーズ第三弾は奈良県天理市の銀杏並木。実は前回の大兵主神社と同じ11/30に撮っているのだが、ちょっと遅かったようでだいぶ葉が落ちてしまっていた。

今回もK-30が吐き出したJPEG画像を無調整のままで縮小だけしたものだ。

スポンサーリンク

20131130_132818
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 18-55mmF3.5-5.6AL

20131130_133124
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 18-55mmF3.5-5.6AL

20131130_133408
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 18-55mmF3.5-5.6AL

20131130_134106
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 18-55mmF3.5-5.6AL

やっぱりK-30の色は抜けが良く、青空がクリアーに出ているのが好ましい。E-620はどうしても濁った感じの青空になってしまうのが唯一の不満点だった。銀杏の黄葉も見た目通りのレモンイエローが出ていると思う。

ついでと言っては何だが、たまたま昨年同じ構図で撮影した写真があったので、E-620と比較してみよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
E-620 / ZUIKO Digital 14-42mmF3.5-5.6

まずこちらがE-620で撮影した画像。この中央部分を等倍で切り出したのが下の画像(クリックで拡大)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20131130_132903-1
K-30 / PENTAX DAL 18-55mmF3.5-5.6AL

一方、こちらはK-30で撮影した画像。同じく中央部分の切り出しが下の画像(クリックで拡大)。

20131130_132903-2

どちらもLightroomで現像したものだが、色調を比較するとE-620の方が「濃い」感じがする。ホワイトバランスはできるだけニュートラルに近づけてあるのだが、それでもまだウォームトーンが感じられ、こういう被写体ではプラスに働く。E-620の絵には情緒があると評しているのはこういう点による。これと比較するとK-30の絵はずいぶんおとなしく見えるのだが、これでもニコンに比べれば情緒のある絵が出ているはず。ニコンだったらもっと事務的な絵しか出てこない。

一方、解像感の比較だが、同じ構図であってもよく見ると画角が微妙に違っている。E-620は60mm相当であるのに対し、K-30は72mm相当だった。したがって同じ部分を切り取れば、像倍率が高く画素数も多いK-30の方がよく解像するのは当たり前の話でまったくフェアじゃない。それを差し引いてもK-30の解像感はなかなかのものと感じている。遠方の木まで綿飴にならずに解像しているのはかなり凄い。ダメレンズと称されるDAL 18-55mmだが、焦点距離35mmより望遠側はこのレンズのスウィートスポットと感じている。ピントがしっかり出ていれば驚くほどシャープな絵を叩き出す。一方で広角側はダメ。中央は解像していても周辺はボケボケになることが多く、しかも絞るほど悪くなる。このレンズの評価はさらにデータを積んで後ほど行う。

スポンサーリンク

関連記事

-風景写真
-, , , , ,

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.