自然

カヤの平高原・北ドブ湿原とブナの森

投稿日:


2018年7月 K-70 / smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED WR

あまり知られていないが、長野県北部の木島平村にカヤの平高原というところがある。およそ標高1450mの高原に牧場が広がっている。以前一度だけ行ったことがあるのだが、その時は牧場を見ただけだった。今回はそこからさらにマイナーな北ドブ湿原というところまで行ってみた。

ここは歩かなければ行けないのだが、30分くらいと聞いて大したことはないと思っていた。駐車場のある総合案内所から1.8kmと書いてある。幅の広い遊歩道が続いているが、行けども行けども着かない。しかもずっと上り。確かに30分で着いたのだが、ずいぶん長かった気がする。標高が高いとはいえ、このクソ暑さだから水分を持って行かなければ干からびてしまう。

やっと着いた北ドブ湿原の入口がトップの写真のようなところ。標高1550mに位置する高層湿原である。一本の木道が続いているが、そんなに広くはない。

スポンサーリンク


8月に行くと花が少なくてつまらないのだが、7月中だとたくさん花が見られる。今の時期(7月下旬)はワタスゲが多く咲いていた。


東屋のある場所から来た方向を振り返る。湿原はもう少し先まで続いているが、メインはここまでだろう。あまり時間がないのでここで引き返す。


ヤナギラン


コオニユリ


ギボウシとトンボ


ワタスゲが風になびいて美しい。


こちらは途中の道筋にあるブナの森。信州でもこれほど立派なブナの森は珍しい。

休憩も含めて往復1時間半くらい、サクッと行ってくるつもりが結構な山歩きになってしまった。

スポンサーリンク

関連記事

-自然
-, ,

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.