自然

PENTAX K-30で撮る紅葉(その1)

投稿日:2013年12月9日 更新日:

20131123_142319
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

K-30を購入後わずか3週間で相場が5000円も暴落した。あれほど早まるなと言っていたのに、早まった結果がこれだ。値下がりしたのを見るとせっかく買った喜びも半減してしまう。自分が買った後には絶対価格を見てはいけない。これはデジカメ購入の鉄則だ。しかし最近はその気がなくても強制的に見せられるようになっているのだ。どこへ行っても見かける価格.comの広告。自分がチェックした商品が出てくる仕組みになっている。これにまんまとやられてしまった。(爆)

スポンサーリンク

価格が限りなく下落していくのを見ると悔しさが込み上げてくる。これから買う人はウハウハだろうなと思うと余計に腹が立つ(爆)。たかが5000円と侮ることなかれ。貧乏人にとって5000円は大金だ。5000円あればD7000売却に伴う損失を穴埋めできたはず。これが2~3ヶ月使ってからの値下がりであればまだあきらめも付くが、たった3週間で暴落ではあきらめ切れない。あとちょっと待っていればという後悔だけが残る。

もちろん発売当初に買った人に比べればはるかに安い価格で手に入れられたことには違いない。たとえば一年前に買った人から見れば自分の買った価格は羨ましいと思われて当然だろう。その一方で、世の中には発売前のカメラを予約してまで買う人が少なからずいる。当然、最高値での購入ということになる。そこまでして一日も早く手に入れたいのだろうか?と思う。貧乏人には常軌を逸しているとしか思えないが、そういう人たちの言い分は、早く買ったらその分長く使えるということらしい。確かにデジタルカメラの寿命は短いから、一日でも早く買った方が賞味期間を長く楽しめるということは理解できる。値段の高さはそれに対する対価と考えられるだろう。しかしそれはあくまでも金持ちの論理だ。貧乏人はカメラをできるだけ安く買うことしか考えられない。だから自分は底値買いが絶対条件だ。そのカメラがまさに賞味期限を終えようとしているそのときを見計らって安く買い上げる。もちろん底値と言ってもそんなに正確に狙えるわけではないから多少の誤差は仕方ない。自分の基準としては、2000円以下ならまあ許容範囲と考えている。あまりに欲を出すと品切れになったり値上がりしたりするから、深追いは禁物。ほどほどのところで手を打つしかない。しかし5000円となると完全に許容範囲を逸脱している。この損失は限りなく大きかった。

ではこの悔しさをどこにぶつけたらよいのか? それはカメラを使うことでしか晴らせないだろう。つまり早く買った分だけたくさん写真が撮れた、そう考えるしかないのである。発売当初に買った人たちはみんなそうやって自分を納得させている。ましてやすでに賞味期限の切れたカメラだから、早く使わないとどんどん陳腐化していくのだ。一日でも早く買ったことで賞味期間を全うできたと発想を転換するしかない。たとえば紅葉。もし先月買ってなければ今年の紅葉は撮れなかった。デジタルカメラの寿命なんてせいぜい2年あるかないかだから、そのカメラにとって紅葉を撮るチャンスは2回ほどしかない。そのうちの1回を撮れるか撮れないか、この差は大きいと思う。

今はそうやって早く買ったことを正当化するしかないのである(爆)。とにかくカメラは道具だから使ってナンボである。ところが世の中にはカメラを安く買うことだけが目的になっている奴らが存在する。1円でも安い値段を狙ってまだかまだかと底値を探り、そろそろかと思ったら今度は別のカメラが値下がりしていつまでも買えないタイプ。当たり前だけど、そうやっている間は一枚も写真は撮ってないわけだ。いったい何のためにカメラを買うのだ? もうそういう奴らには「カメラは死ぬ前の日に買え!」と言いたい。(爆)

永遠にカメラを買わない奴らよりはマシ、そう思って自分を納得させることにしよう。(爆)

というわけで、K-30がとらえた今年の紅葉である。しつこいようだけど、先月買わなければ撮れなかった写真だ。

20131123_141949
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 18-55mmF3.5-5.6AL

20131123_142436
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_143013
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_143048
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_151415
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

この時期にあまり行ったことがなかったのだけど、奈良市月ヶ瀬の風景。梅の名所ではあるけれども、こんなにモミジがたくさんあるとは思わなかった。どの木もものすごく大きい。着いたのが夕方でほとんど日が当たらなかったのが残念だけど、日が当たるとすごくきれいだろう。来年はもっと早く行ってたくさん撮りたい。

20131123_152148
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_152752
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_152923
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_153304
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_153747
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_155005
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

20131123_155834
2013年11月 K-30 / PENTAX DAL 55-300mmF4-5.8ED

今回の写真はSILKYPIXの「フィルム調V1」で現像してみた。カスタムイメージの「リバーサルフィルム」ほどコントラストが強烈ではないので割と使えると思う。やっとSILKYPIXの使い方がわかってきたけど、動作が重いのがイラつくんだよなぁ・・

スポンサーリンク

関連記事

-自然
-, , , ,

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.