旅写真

笠岡諸島・北木島の風景

投稿日:


2018年4月 DMC-GM1S / G VARIO 12-32mmF3.5-5.6

岡山県の最西部、笠岡市の沖に浮かぶ島々は笠岡諸島と呼ばれ、その中で最大の島が北木島である。本州と四国の中間付近に当たり、笠岡港からフェリーで1時間を要する距離にある。

良質な花崗岩を産出することから島の主産業は石材業であり、至るところに石切場の跡があるのだが、現在は安価な輸入石材に押されて衰退し過疎化が著しい。これと言った観光資源がないことから観光化の波にも取り残されており、観光客向けの施設も皆無である。そのため人が住まなくなった民家があちこちで野ざらしになっており、廃屋の宝庫と言ってもいいくらい廃屋が目立つ。ほとんど人に出会うこともないし、寂れた感じが非常に強い。

スポンサーリンク


これは立派な廃屋(笑)。


島の西部から六島・小飛島・大飛島を望む。車道がないため、この場所には徒歩か自転車でないと来られない。


下浦付近にあった石切場の跡。


島の最南端にある丸岩の集落。


丸岩付近より問島を望む。向こうは四国。


丸岩にあった立派な廃屋。


丸岩の波止場。ここで車道は行き止まりとなる。


丸岩より六島を望む。


外浅海より大島を望む。


大浦の集落内。小さなアーケードがある。


大浦にあった廃旅館。昭和っぽい眺め。


廃墟になった石切場の跡。


楠付近の海。


楠にあった廃旅館。


楠の漁港。


島の北端付近の海。向こうは本州。


豊浦にある北木小学校豊浦分校。


しっかりと二宮金次郎像が残っていた。


閉校後、木造校舎は幼稚園として使われていたようだが、今はそれも閉鎖。


もう一つの青い建物は公民館として使われているが、もともと学校だったのか公民館だったのか?


豊浦分校の向かいにある八幡宮。


豊浦付近の石切場跡。


金風呂から見える大規模な石切場。

スポンサーリンク

関連記事

-旅写真
-, ,

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.