デジタルカメラ

シャープネスに騙されるな

投稿日:

先日の記事で、K-30が吐き出すJPEGの絵は明らかにLightroomより精細感が劣っているのに、解像感評価ソフトで解析された解像度はほぼ同じなのはなぜか?ということを書いた。今回はこの謎についてもう少し掘り下げてみたい。

スポンサーリンク

Lightroom現像とカメラ内現像を等倍で比較すると明らかに精細感の違いがある。極端な例として、カメラ内現像でファインシャープネス+1をかけた場合と比較してみよう。

lightroom_sharp
Lightroomでシャープネス45(クリックで等倍表示)

k30_finesharp_p1
K-30カメラ内現像でファインシャープネス+1(クリックで等倍表示)

どっちが精細感があるかというと、誰が見てもLightroomの方だろう。カメラ内現像の絵は単に線が太くなっただけで、決して細かい部分まで解像しているわけじゃない。ただガサガサで汚いだけの絵。ここまで来るともはや「写真」ではなく「塗り絵」だ。オリンパスの悪口など言えたもんじゃない。

それでは解像感評価ソフトを使って解像度を比較してみよう。解析に使った画像はこの前と同じだ。まずLightroomで現像した場合の結果をもう一度示しておく。

画像解像度:2590 LW/PH
ナイキスト周波数に対する割合:79.35%
実効画素数:10.13 Mpixels

次に同じ画像をK-30でカメラ内現像した場合について結果を示す。シャープネスの設定を6通りに変えて試してみた。

ノーマルシャープネス+1
画像解像度:2748 LW/PH
ナイキスト周波数に対する割合:84.19%
実効画素数:11.40 Mpixels

ノーマルシャープネス0
画像解像度:2586 LW/PH
ナイキスト周波数に対する割合:79.23%
実効画素数:10.10 Mpixels

ノーマルシャープネス-1
画像解像度:2352 LW/PH
ナイキスト周波数に対する割合:72.06%
実効画素数:8.35 Mpixels

ファインシャープネス+1
画像解像度:3186 LW/PH
ナイキスト周波数に対する割合:97.61%
実効画素数:15.33 Mpixels

ファインシャープネス0
画像解像度:3106 LW/PH
ナイキスト周波数に対する割合:95.16%
実効画素数:14.57 Mpixels

ファインシャープネス-1
画像解像度:2972 LW/PH
ナイキスト周波数に対する割合:91.05%
実効画素数:13.34 Mpixels

何とファインシャープネス+1ではあり得ないような数値が出ている。ベイヤー式センサーは実質的な解像度が画素数の1/3程度しかないため、実効画素数が総画素数とほぼイコールになることなどあり得ない。その他のケースでもほとんどLightroomより高い数値が出ている。明らかに異常な結果だ。つまり、解析によって得られる解像度の数値はシャープネスの設定によっていくらでも変わるため、現像条件をまったく同一にしないと比較する意味がないということだ。したがって、異なるカメラが吐き出すJPEG画像を直接比較しても意味はないだろう。やるならRAWで撮影して、同じソフトを使って同じように現像するしかない。

ここで間違っちゃいけないのは、シャープネスを強くかけても本当に解像度が上がったわけではないということだ。もともとソースは同じなのだから、いくらシャープネスをかけようが物理的に解像していないものが解像するわけがないのだ。それは当たり前の話。単に人間の目が騙されているだけに過ぎない。シャープネスで無理やり解像感を上げているのは「本物の高解像」ではなく「インチキ高解像」と言わなければならないのだ。

ちなみにLightroomとファインシャープネス+1のヒストグラムがどうなっているか比較してみよう。

hist_lightroom_sharp45
Lightroomで現像

hist_k30_finesharp_p1
K-30のファインシャープネス+1

するとやっぱりファインシャープネスの方が高周波成分をたくさん含んでいるのがわかる。エッジを強調するほど高周波成分が多くなるから当然の結果だ。人間の目は高周波成分が多いほど解像感が高いと認識するが、困ったことにソフトも騙されちゃう。シャープネスを強くかけた画像はどうしても高い解像度をはじき出してしまうのだ。残念ながらこのヒストグラムだけを比較して「本物の高解像」と「インチキ高解像」を見分ける術を知らない。もはやこれまでか・・。ギブアップ!

どのメーカーのカメラにも言えることだが、カメラが吐き出すJPEGの絵は線が太い。ペンタックスとて例外じゃない。なぜそうなるのかを邪推してみると、結局カメラ内の現像処理は瞬時に行われる必要があるため、PCほど高度な現像アルゴリズムを実装できないということではないだろうか? そのためどうしても解像感が悪くなり、それを補うためにシャープネスをガチガチにかけて人間の目を欺くのだろう。その典型なのがコンデジだ。コンデジの絵はノイズリダクションで解像感が落ちたのをごまかすために滅茶苦茶なシャープネスをかけているから、見るからに安っぽい絵が出てくる。ニコンの一眼レフの絵は眠いとよく言われるが、コンデジみたいな安っぽい絵と思われたくないからあえてシャープネスをかけないという説もある。シャープネスをかけても解像度が上がるわけではなく、何の御利益もない。だから必要以上にシャープネスのかかったカメラJPEGの絵なんて使いたくもない。自分が知る限り、一番精細感あふれる絵を吐き出すのはLightroomであり、それ以外の選択なんて考えられない。

スポンサーリンク

関連記事

-デジタルカメラ
-,

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.