デジタルカメラ

今は買い時でない

投稿日:

最近価格.comなんて見たこともなかったが、一応次のカメラ物色のため久しぶりに価格チェックをしてみた。すると全般的に値上がり傾向なんだよな。もしかしてドル円の影響?

まず本命のD5300ダブルズームキット2は最安値から5000円以上値上がりして62000円。自分はケチだから一度底値を過ぎたらもう買わない。再値下がりしない限り、D5500の値下がり待ちになるだろう。それにしてもD5300って2013年発売で未だに現行品というのが信じられない。それどころか新型のAF-Pレンズと抱き合わせて新製品まで投入してきた。それが82000円もするんだからビックリ仰天だよ。一度値下がりしたものをキット内容入れ換えるだけで価格をリセットし、在庫一掃する気なんだな。何てセコいんだ・・

しかしD5300またはD5500を買ったとしても絶対満足できないんだよな。確かに小さくて軽いのは良いんだけど、操作性がとても悪い。中級機に比べて機能もかなり削られている。しょせんはエントリー機なんだよ。かと言ってD7200クラスになればデカ過ぎる。かつてD7000で失敗した二の舞になってしまう。どうしてNikonにはちょうど手頃なボディーが存在しないんだ?

悔しいけど、本心から欲しいカメラはK-70(K-S2でも良いが)以外にない。これ以上、理想的なカメラは現時点で存在しない。だからNikonには今ひとつ食指が動かないんだ。ただPentaxはボディーは良いがレンズがクソ(笑)。周辺画質がボロボロで各種レビューでは不良ではないかと思えるほど酷い値を叩き出している。しかもそれがボッタクリ価格。この現実をどう考えているのか? 救いの神であったSigma様に見放されたとなると、もう終わったとしか言いようがない。

次にマイクロフォーサーズ。E-M10 markIIは現在55000円で動きなし。まだ高い。下がったとしてもE-M10のケースから言って5万ちょっと切るくらいが限界だろう。どうしても割高感は拭えない。一方パナのG7は59000円まで跳ね上がった。一時は4万円台半ばまで落ちていたが、そろそろ在庫が尽きてきたようで値上がり傾向だ。よってG7は完全に買い時を逃した。次はG8の値下がり待ちだ。

結局、今はお買い得感のあるカメラがなく中途半端なんだ。つまり買い時じゃないってことだな。他に買うものがいっぱいあるので、カメラは最も優先順位が低い。次のカメラ購入はまだまだ先だ。

APS-Cをメインにしたいのは山々だが、一眼レフなんて買っても結局使わないだろう。かと言ってAPS-Cミラーレスはコスパが悪すぎる。そうするとやっぱりm4/3しかないわけだ。確かに高感度は1段くらい劣るけれど、f2.8から使える明るい単焦点があれば問題にならない。

M.ZD 12-50を手に入れてE-PL5もメインカメラとして使えるようになった。APS-Cで言うと16-85がほぼ同じスペックになるのだろうけど、途端に馬鹿でかくなってしまう。このコンパクトさで135換算24-100mmが使えるなら言うことはない。あと明るい単焦点を1本プラスすれば最強だろう。本当に自分の使い方ではm4/3が理に適っているのだ。

ただm4/3も新しいボディーを手に入れる必要はない。センサーが同じだから、E-M10 markII、たとえE-M5 markIIを買ったとしても写り自体は何も変わらないからだ。m4/3の中では唯一、E-M1 markIIの2000万画素センサーだけはDxOmarkのスコアでもAPS-Cに匹敵する飛び抜けた値を示している。したがってセンサーの世代交代がエントリー機まで浸透しない限り、E-PL5を買い換える必要性なんてないんだ。E-M10 markIIに比べてE-PL5はモニターをレンズ側に反転できることと電源スイッチが右手側にあること、それが大きなメリットになる。E-M10 markIIに買い換えたところでメリットは5軸手ぶれ補正とWiFiくらいしかない。EVFも別に要らない。そのためだけに55000円は高すぎる。

したがって、今は「何も買わない」が最適な選択となる。買うならレンズだ。次はSIGMA 60mmF2.8DN逝くか?(爆)

スポンサーリンク

関連記事

-デジタルカメラ
-

Copyright© DEJA VU ~いつか見た光景~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.